1-8.jpg

アレルギー疾患には、鼻炎や結膜炎、皮膚炎などの症状を呈する花粉やダニやハウスダストなどが原因のもの。アレルギー性鼻炎、結膜炎、皮膚炎

 アレルギー性鼻炎の基本は、ステロイド点鼻薬であり、その効果を高めるために抗アレルギーの経口薬を併用するというのが世界の常識となっており、慣習的な日本の非アレルギー専門医の内服のみの治療はあまり、効果的ではないということになっています。(ただし、市販の血管収縮薬の点鼻薬は控えましょう)

 気管支内がアレルギ反応で狭くなり呼吸苦を呈する気管支喘息昔は、気管支拡張薬の飲み薬や点滴などが効果的とされていましたが、その効果は現在は、否定されており基本は吸入薬(気管支拡張薬・ステロイド)となり、

それだけで不十分な場合に抗アレルギー薬を補助するといった治療をするのが基本となっています。気管支喘息の診断はわかりやすい発作時でない限り、非常に診断が難しいことがあります。呼吸機能検査、呼気NO測定なども併用して、初めて診断に近づけることもありますが、​この呼吸機能検査は、手技がなかなか難しく、患者さんがうまく呼気を出しきれないとその結果があまり信用できない結果となり、なんでもかんでも喘息という診断にもなってしまいがちです。ゆえに、詳細な問診とともに吸入薬(気管支拡張薬・ステロイド)のトライアルで奏功するなどの治療学的診断ということなども含め、総合的に判断する必要性があります。

 咳喘息という一般の喘息とは少し異なる疾患があるのですが、これは、教科書的には6~8週間咳が長引いた場合に、初めて疑う病気なのですが、3週間以内の咳をなんでもかんでも咳喘息という安易な診断をしてしまう医師が多く、呼吸器内科を標榜されている医師の方々にも散見されることも多く、その見極めを慎重にすることが重要になります。この病気は、確定診断をすると10~30%は通常に気管支喘息となってしまうこともあり、咳がおさまっても1年ぐらいは継続して経過を診ていく必要性があります。持病のようになることはないので、咳がでるたびに十分な説明なく、毎回咳喘息と診断されるも咳がすぐ改善しない場合には、そもそも喘息ですらない可能性。もしくは、咳喘息ではなく、通常の気管支喘息である可能性があります。この診断の見極めをしっかりしないと不要な薬を永遠と継続させてしまうことになったり、継続しないといけない薬を中断させてしまうことになったりするので非常に重要なポイントになります。

 

 咳症状は、感染症とアレルギー疾患なども含め、幅広い総合的な知識と経験のある医師による見極めが重要となり、専門的な知識や経験のある医師でも経過をみていかないとなかなか、確定診断に至ることができないのです。

 その説明をわかりやすく説明するのも難しいこともあり、どの医師も苦慮しています。「怖い病気や重症化するような状態・病気ではなさそうだから大丈夫ですよ。」と説明しても「たいしたことないと言われてしまった」と受け止める方もおられれば、「安心しました!」と安堵される方もおられたりと説明やコミュニケーションの個々の対応の難しさがあります。院長も日々、医学知識をアップデートしながら、経験も日々積みながら、いかに安心して頂きつつ、正しい診断ができ、患者さんのつらい咳症状を少しでも早く緩和していくことができるようにそして、うまく伝えられるように精進をしています。しかし、まだまだ、未熟にてうまくいかないことも。。。

 蕁麻疹(じんましん)は、約73%が原因がはっきりしないとされています。やみくもに採血で原因精査というのは難しく、詳細な背景を確認しながら、想定していくことになります。採血結果すれば、原因特定ということが出来ないため、総合的に判断することが必要になります。抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)は、昔は眠気の強い第1世代という古めの薬がいいというイメージが多かったようですが、今はその効果は医学的に否定され、眠気の副作用の少ない、第2世代・第3世代の薬剤を1種類だけでよいということになっています。効果が不十分な場合には、第1世代も併用するという慣習的な処方ではなく、漢方薬なども含めて、違う部位をブロック・調整することにより効果を高めるという考え方での処方が効果的です。これは、アレルギー性鼻炎(花粉症など)も同様です。いまや眠気の強い抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)はデメリットでしかないというのが現代の考え方となっています。

 アトピー性皮膚炎もアレルギーが関与した皮膚の疾患です。これは慢性的に皮膚が感想している状態から、かゆみをきたすことになる皮膚の病気で、この病気も昔と考え方がかなり変わってきています。皮膚科を標榜されている医師の中でも軟膏を塗り方の指導を具体的に徹底指導されていないことも多く、患者さんの塗り方・量が不十分なために効果が不十分だったりすることもあるようです。ステロイド軟膏もひどくなった場合にだけ使用する【リアクティブ療法】だけでなく、症状を未然に防ぐ【プロアクティブ療法】というのも必要になり、患者さんの状態により、治療法をオーダーメイドで対応していく必要性があります。

 今は、ステロイド軟膏以外のプロトピック軟膏🄬やコレクチム軟膏🄬や重症難治性の場合の内服薬や注射薬も国内で使用できるようになり、かなりアトピー性皮膚炎の治療と考え方は変わってきました。

​アレルギー治療も、昔の常識が今の非常識になっていることも多いのです。

​アレルギー疾患外来