top of page

花粉症と風邪とインフルエンザとコロナ

インフルエンザとコロナのツインデミック(同時流行)となっております。最近は、コロナよりもインフルエンザの罹患者が多い傾向に・・・(ワクチン未接種者が多いため・・・)


とはいうものの同じ集団には、同時流行にはなりにくいようです。


今年は、スギ花粉の飛散量もかなり多いとされていますが、花粉症症状とも風邪やコロナ、インフルエンザの症状は見極めが難しくなってきます。実際、コロナは発熱がないのが半分以上でもあり、インフルエンザも発熱がないケースもあります。


花粉症と風邪症状との見極めのわかりやすいポイントは、花粉症は、抗アレルギー薬を内服するとピタッと鼻炎、くしゃみ症状が止まります。


しかし、風邪症状では効果はありません。そもそも風邪薬は鼻炎には効果がないとされているのが平成~令和の医学常識となっているくらいです。

(例外的に花粉症の症状が強すぎて、1剤くらいでは効果が十分でないということもありますので、その見極めは感染症とアレルギーに関する知識を日々アップデートしている医師に見極めてもらうことが必要になります。)


 また、花粉症などのアレルギーは、外での花粉症にさらされて、シャワーや入浴などをして花粉が流されてしまえば、症状がピタッとおさまります。環境に関係なく、鼻炎/くしゃみ症状があれば、それは風邪症状であると考えられます。


実際、自称「花粉症」であるとして、受診された方が何人もコロナであったケースを当院でも経験しています。


細菌性気道感染症(咽頭扁桃炎、肺炎、急性鼻副鼻腔炎)は、感染症が得意な医師の診察で見極めることは可能です。基本的に1感染1臓器とされるため、咽頭扁桃炎であれば、鼻炎や咳が少なく、きちんと口腔内所見を診て、可能性がある場合には溶連菌迅速検査を綿棒を用いて、咽頭扁桃を擦過して診断ができます。プロであっても診ただけでの確定診断はできません。頸部リンパ節が腫れているから、扁桃に白い膿がついているから、赤いから抗生物質(抗菌薬)ではありません・・・


肺炎の場合には、鼻炎や咽頭痛などの症状がほとんどなく、咳をしていない時に呼吸数が多いかどうかで可能性を見極め、適宜聴診や胸部画像検査で判断をすることになります。

なんでもかんでも喘息薬や抗生物質(抗菌薬)ではなく、根拠をもって見極めることが重要となります。


あたなのその鼻炎/くしゃみ、頭痛は、本当に花粉症ですか?






閲覧数:64回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page