検索

新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)初期診療の手引



  1. 感染から約5⽇間(1〜14⽇間)の潜伏期を経て,

  2. 感冒様症状(発熱,咳,喀痰,咽頭痛,⿐汁など)や倦怠感が出現し,

  3. ⼀部の患者では嘔吐,下痢などの消化器症状を呈することもあり,

  4. それら症状が⽐較的⻑く,約7⽇間持続する。 注!発熱(体温)がそれほど⾼くないのに倦怠感が強いことがある ➡通常の細菌性肺炎でも高齢者は強い倦怠感のみで発熱がないことが多い 普通感冒(かぜ)やインフルエンザ,急性胃腸炎(ノロウイルス感染症など)では 発症から3〜4⽇⽬までをピークに改善傾向に転じるのが⼀般的ですが,新型コロナウイルス感染症では、それらよりも症状が⻑く経過するという点で異なる。 さらに,症状が7日間前後続いた後に,次のような経過をたどる。

  5. 約80%の患者は,⾃然に軽快して治癒する。

  6. 約20%の患者は,肺炎を合併する。 特に,⾼齢者や持病のある方などは肺炎を合併しやすい。

  7. 肺炎に進展した患者のさらに⼀部が,重症化して集中治療や⼈⼯呼吸を要する。 さらに,症状が7⽇間前後続いた後に,次のような経過をたどる。 ただし,新型コロナウイルス感染症であっても発症7 ⽇以内の早いタイミングで肺炎に⾄ることもあり、特に,⾼齢者や基礎疾患を有する患者⼜は妊娠中の⼥性では,発症直後に肺炎に⾄ることもあるため要注意となる。


ダウンロード

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(2020年3月11日) 診療所・病院のプライマリ・ケア初期診療の手引き ver.1参考にして 感染症倶楽部 統括代表 & ながたクリニック 院⻑ 永田が自院用に 一部加筆してミニマム作成。(2020年03月14日)

1,144回の閲覧

since 2008 Nagata Clinic