検索

ながたクリニック混雑傾向

当院の混雑傾向を下記の3つにおいて作成しました。


EBM(エビデンス:科学的根拠に基づいた医療)に基づき、4つの診るという名の検査である【問診】【視診】【触診】【触診】を重要視し、そのうえで診断しきれない場合に本当に必要な採血や画像検査(レントゲンや超音波など)/内視鏡、どうしても必要であると判断した場合に、さらに負担の大きい高度画像検査(CTやMRI)や生検などを後方支援病院との連携のもと精査を行い、本当に必要と考えられる薬を処方の選択、何より【説明処方箋:0円】を1番重要視しております。


また、コロナ禍において感染管理のため、事前の詳細な症状や行動歴から少しでも可能性を想定される場合には車待機や個室待機などでの対応を徹底し、受診された皆さんが安心して待合室や診察室お待ち頂けるようにスタッフ一同、日々努力しております。


そのため、待ち時間が少々長くなることがありますのでご理解いただけますと幸いです。


https://002f5412-36a8-4dcf-bede-3c49b98cc2b8.filesusr.com/ugd/45d24c_6cb0bc30c7d645aa8abac194f95a1595.pdf


受診の参考にしていただければ幸いです。

【時間帯による混雑傾向】

【曜日による混雑傾向】

【四季による混雑傾向】



55回の閲覧

最新記事

すべて表示