テレビ取材番組放映内容紹介

図1.png

​【後遺症専門外来】

図1.png
図2.png

「ながたクリニック」では、新型コロナウイルス感染症後遺症専門外(ポスコロ外来)を北陸で先駆けて現時点では、唯一の専門外来として開設しています。

 第4波の頃に何人かの受診から始まり、多くの医療機関に断られたあげくに当院でようやく診察を受けることができたと涙を流されることもあるほど、誰にもいえない、理解してもらえない苦しみに悩んでいる方も増えてきました。

 

 また、診察をしてもらう胸部CT、呼吸機能検査、頭部CT、心電図、採血などの多くの検査はしてもらえるが、最終的に異常がないとの結論で診療が終わってしまい、その後の治療やサポートもないままになっており、自分は一生このままなのか、どうしてもいいのかと途方に暮れてしまっているケース。

 

 そして、東京などのオンライン診療での【後遺症外来】を受けるもモニター越しに話を聞いて、見てもらった結果、それは後遺症だといわれただけでも特別な治療を受けることもできずに、その説明だけだったというケース。

 

嗅覚障害と味覚障害だけは、診れるがそれ以外が他で診てもらって欲しいという医療機関もあり、多くの症状があるのが

コロナ後遺症なのですべてを診てもらえる、相談できる医療機関がなく迷子になってしまったケース。

図3.png
図4.png

現在では、そんな迷子となった患者さんが、石川県だけでなく、福井県や富山県、京都や大阪、北海道、千葉県、埼玉県など全国から、ながたクリニックの【ポスコロ外来】に受診される方が多い時には連日、受診されるようにまで増えてきています。

 

世界で認められている「新型コロナウイルス後遺症」。

西洋医学的な検討や調査がされている中、まだまだ、未解明であったりするも特効薬などがないままの状態の中、後遺症以外の他の疾患の合併がないかなどを精査しつつ、

 

西洋医学だけでは治療が困難なケースの場合には、

【漢方診療】

【オーソモレキュラー診療】

【上咽頭擦過療法】などを適応を見極めながら、

ベストな治療を検討していく。

 

「ながたクリニック」の院長が一番重要視しているのが、詳細な経緯を確認していく問診とカウンセリングであり、初診の際には特にしっかりと時間をかけて診察をしています。

図5.png
図6.png

倦怠感、食欲不振、長引く咳、嗅覚障害/味覚障害、胸痛、足のしもやけ様血栓(COVID-TOE)、脱毛、抑うつ、不安症状、息切れ、しびれなど様々な症状に対して、

後遺症以外の原因を精査し、当院にはない高度医療機器による検査や循環器内科、神経内科、精神科領域のさらなる専門的な精査が必要と判断した場合には、後方支援病院と連携もしています。

 

また、入院中や在宅で受けたカクテル療法やステロイド、レムデシベルなどの薬剤投与とワクチン接種間隔などや接種の必要性に関する質問、疑問などにも対応し、最後まで責任を持って、対応しています。

 

一番、重要視しているのは、悩んで苦しんでいる患者さんが相談できる窓口や医療機関がなく、「迷子にならない、させない」ようにしたいと考えています。

図7.png
図8.png

もともと感染症診療や風邪の見極めスキルに関して、医師や薬剤師、看護師、検査技師などへの講演をしたり、単著での書籍や共著での多数の書籍などの執筆をしていましたが、最近は、風邪や新型コロナウイルス診療や後遺症診療における漢方診療に関する講演依頼も受けるようになってきており、同様な新型コロナウイルス感染症で治療薬のないとされている軽症~中等症Ⅰなどにおける漢方薬の使い方や後遺症患者さんへの漢方薬の選び方などに対応できる医師が1人でも増えてもらえるように教育/啓蒙活動も始めており、後遺症患者さんも迷子にさせないように日々、アップデートし続けています。